読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ド素人のカレー作り奮闘記

料理の基本も何も知らないド素人が、自宅でひっそりダークマター作ってます。どうか通報せずに見守ってやってください

3作目 「えのきのキーマカレー」

今回はスパイスの調合も自分でやりました。

 

参考にしたのは、おなじみS&Bのサイト。

6つのスパイスで作る☆香り立つキーマカレー | S&B エスビー食品株式会社

 

 

ようやくカレー作りらしくなってきたぞー。

 

 

これが今回作ったキーマカレー

 

 

f:id:hero9383:20170412222741j:plain

 

 

・・・えのきがグロい。

 

「脳みそ」っぽい。

 

近所の洋食屋のキーマカレーにえのきが入ってて、おいしかったから真似して入れてみたけどグロい。

もうちょっとえのきの量が少ない方がいい気がしました。

 

 

使用した材料

カレーの具

  • たまねぎ 1/2個
  • にんじん 1/2個
  • えのき  1/4個
  • 豚ひき肉 200g

 

カレールゥ

(スパイス)

  • クミン     小さじ2
  • シナモン    小さじ1
  • カルダモン   小さじ1/3
  • ターメリック  大さじ1
  • ガーリック   大さじ1
  • レッドペッパー 小さじ1/3

(その他)

  • 水   300ml
  • 小麦粉 小さじ2
  • 塩   小さじ2
  • 砂糖  小さじ2

 

 

調理行程

例によって写真は撮り忘れました・・・

 

  1⃣具を炒める

  1.  野菜はすべてみじん切りにし、えのきは四等分に切ります。フライパンにサラダ油を小さじ2杯入れて火にかけ、弱火~中火でたまねぎを炒めます。
  2. たまねぎが透き通ってきたらひき肉を加え、粗くほぐしながら炒めます。続いてにんじんとえのきを加えて炒めます。
  3. 調合したスパイスを加えて炒め、スパイスが全体に良くなじんだら水を入れて、次に小麦粉を入れます。沸騰したらアクを取り、中火で汁気が半分程度になるまで煮込みます。
  4. 砂糖、塩で味を整えたら、完成です。

 

 

 

 いやー、楽ですね。

 

 

普通のカレーと違って、ルゥづくりと具の煮込みを一気にやれちゃうんで時短もできます。

 

サッとキーマカレー作れるようなかっこいい男になりたいですね…

 

 

 

さて、出来上がりはこんな感じです。

 

f:id:hero9383:20170412222752j:plain

 

 

見た目はイマイチ。

煮込みが足りなかったか…

 

 

反省点

  • 小麦粉要らなかったかも。とろみと光沢が出てキーマカレーっぽくなくなった
  • ガーリック最初の段階でもうちょい多めに入れてよかった。味見した時うまみが
  • 全然なかった。
  • レッドペッパーもう少し少なめで良い。辛みが強かった。
  • えのき入れるならもう少し量を減らす。
  • 煮込む段階の説明で、「汁気が半分程度になるまで」を「汁が半分になるまで」と読み間違えた。道理で水っぽかったワケだ。

 

 

 

 

次回予告

次回は、「チキンカレー」の予定です。

カレー作り、だんだん楽しくなって参りました!

(味はまだまだ美味しいと言えるほどのものでもないですが)

 

 

ではでは 

 

2作目 「Green Curry」  …のはずが

 

f:id:hero9383:20170411113632j:plain

 

「…シチュー?」

 

 

いえいえ、これでも「グリーンカレー」のつもり。

 

結論から言うと、盛大に失敗しました。

「隠し味に牛乳を使ったらまろやかになるんじゃないか?」

この幻想が、この「変に風味があるシチューもどき」という怪物を生み出してしまいました。

 

レシピは前回と同様、S&Bの基本のカレーを参考にしたのですが…

素人が変に色気を出すべきではありませんでした。

 

 

使用した材料

カレーの具

  • たまねぎ
  • にんじん
  • メークイン
  • 豚ロース肉ブロック
  • 牛乳

カレールゥ

  • 「Green Curry」スパイス 
  • サラダ油
  • 小麦粉

 

調理の行程

今回は写真を撮った。といっても、調理の途中で気づいた上何枚か取り忘れもあったが…

 

  1⃣具と煮汁をつくる

 

①玉ねぎをみじん切りにし、あめ色になるまで炒める。

②斜め切りにしたにんじん、メークインを加える。f:id:hero9383:20170411113227j:plain

(海苔みたいなのは炒めたたまねぎ。)

 

③豚ロース肉を加えて色が変わるまで炒める。f:id:hero9383:20170411113327j:plain

 

④火を止めて、水600mlを加える。弱火で20分間煮る。

 f:id:hero9383:20170411113519j:plain

 

 

  2⃣カレールゥをつくる

 

①フライパンに油を大さじ2.5杯加えて、小麦粉を大さじ4杯加え、弱火で熱する。

 f:id:hero9383:20170411113349j:plain

 

②色が変わったら火を止め、フライパンを冷ます。

 f:id:hero9383:20170411113446j:plain

ピンクの布は濡れ雑巾。フライパンを早く冷ますことができる。

(フライパンを冷ます理由は、スパイスは熱に弱く、香りが飛んでしまう為)

 

③スパイスを大さじ二杯加え、煮汁を混ぜてなじませる

ちょっと(微妙に)きつね色に変化している。

 f:id:hero9383:20170411113505j:plain

スパイスはこんな感じ。

ハングレイカレーよりは明るい色かな?

 

f:id:hero9383:20170411113532j:plain

④フライパンの中身を鍋に戻し、弱火で5分ほど加熱し、とろみが出てきたら火を止める。

 f:id:hero9383:20170411113547j:plain

 

⑤牛乳を100ml加える。

これがすべての失敗の原因となった…。 f:id:hero9383:20170411113602j:plain

⑥塩を小さじ2杯、砂糖を大さじ2杯加える。

 

 

 

出来上がりはこんな感じです~

 

 

 f:id:hero9383:20170411113620j:plain

 

 

(完全にシチューや…)

 

 

反省点

  • 牛乳多すぎ&水少なすぎで味が濃くなってしまった
  • じゃがいもが煮崩れしてドロドロに。
  • やっぱりキノコ必要。

 

…うーむ、失敗だ―。

 

教訓

下手なアレンジはしない!じゃがいもは別に炒めて後から入れるでも良さそう。

 

 

 

次回予告

次はキーマカレーの予定です。

レシピ通り、色気を出さずに作るぞー。

 

 

ではでは。

 

第1作目「Thai Hungray Curry」

f:id:hero9383:20170405002409j:plain

 

「Hungray」は「ハングレイ」って読むらしい。(ハングリーじゃないよ!)

 

スパイスの見た目はこんな感じ。

茶色の粉末に、白い粒が紛れていたりしてちょっと土っぽい…?

 

f:id:hero9383:20170405002741j:plain

(ビンはIKEAで買いました。)

 

いかにも「スパイス!」って感じの香り。

カレールゥのフィルムをはがしたときの匂いがする。

 

調べてみたらハングレイカレーってタイ北部地方のカレーらしい。

 

先月タイ旅行に行った際に、屋台のおばちゃんが「辛くないヨ!」と言っていたので100g15バーツ(約45円)で購入した。安い…。

(ちなみに僕は辛いのはまるっきりダメ。)

 

 

さて、今回は1回目ということで、

S&Bさんのホームページから、「基本のカレー」のレシピを参考にしてみた。

 

www.sbotodoke.com

 

(このページの真ん中やや下あたりに載ってる)

 

 

使用した材料

(S&Bによるとこれで五人分らしい)

 

カレーの具

  • カレー用豚肉  200g
  • 玉ねぎ     1玉
  • アスパラ    4本
  • エリンギ    2本
  • 水       700ml
  • サラダ油    大さじ2.5
  • オールスパイス 適量
  • 塩       小さじ2
  • 砂糖      小さじ3
  • (温野菜として)ブロッコリー 5房

 

カレールゥ

  • Thai Hungray Curry(パウダー)  大さじ2 
  • 小麦粉         大さじ4
  • サラダ油        大さじ2.5

 

 

  

調理の行程

(写真撮り忘れてしまった…次回からちゃんと撮ろう) 

 

 1⃣ まずは具と煮汁を作る

(下準備)

豚肉にオールスパイスを適量ふりかけ、揉んでなじませる(臭みを取るため)

玉ねぎはみじん切り、エリンギは食感を楽しめるように斜め切りに。

 

① 鍋にサラダ油を大さじ2.5杯入れ、みじん切りにした玉ねぎを加える。あめ色になるまで弱火で10分ほど炒め続ける。

② 玉ねぎがあめ色になったら、豚肉とアスパラを加えて豚肉の色が変わるまで中火で炒める。

③ 豚肉の色が変わったらエリンギも入れて中火で3分ほど炒める。

④ 火を止めて水700mlを加えて、弱火~中火で(20分ほど)煮る。沸騰し始めたら灰汁を取る。

 

 

 2⃣ 具を煮ている間、カレールゥを作る

 

① 別にフライパンを用意し、サラダ油大さじ2.5と薄力粉大さじ4加える。薄力粉がきつね色になるまで10分ほど弱火で炒める。

② 薄力粉の色が変わったら火を止めてフライパンを冷ます(濡れぞうきんをフライパンの下にひくと時短できる)。

③ フライパンが触れるほどに冷めたら、Thai Hungray Curryスパイスを大さじ2加えてよく混ぜる。

④ 具の入った鍋の煮汁をおたまで一杯ずつすくい、フライパンに加えてペースト状になったカレー粉と混ぜる。一杯入れるごとによく混ぜること。(四杯目くらいでカレールゥっぽい見た目になる)

⑤ フライパンの中身を鍋に戻し、弱火で5分ほど加熱し、とろみが出てきたら火を止める。

 

これで外見と匂いは完全にカレーになるが、味見するとまだ薄くて草っぽいとろみのある汁なので、最後にもうひと手間。

 

⑥ 塩と砂糖を加えて調整する。今回は塩小さじ2砂糖小さじ3入れたらいい感じになった。

 

塩と砂糖だけで思った以上に味変わる。

初心者の内は余計な調味料使わなくても良いかも。

 

 3⃣ ブロッコリーを蒸す

温野菜要員のブロッコリーをシリコンスチーマーに入れ、大さじ2程度の(アバウトでOK)水を加えて、レンジで加熱するだけ。(かんたん!)

☆出来上がったらご飯の脇に並べると彩りがいい感じに。

 

 

 

さあ、こんな感じに出来上がりました~

 

 

 

f:id:hero9383:20170405002353j:plain

 

 スプーンの安っぽさが気になる…

 カレーっぽい白い陶器の皿も欲しいなあ…

 

反省点

  • アスパラは煮ないで温野菜にした方がいい。似たことで色も茶色っぽくて汚い感じになってうまみも失われた。煮るのは基本根菜類だけ。
  • 玉ねぎはみじん切りとくし切りに分けた方がいいらしい。肉もできれば薄切りとブロック切りに分けるといいらしい。←煮込むときにスープに溶けてコクが出る。
  • にんじん、じゃがいものどちらかは必須。根菜がないと物足りない。
  • SEIYUのカレー用豚肉は筋が多くてあんまり美味しくない。
  • ブロッコリーは蒸した後、冷蔵庫で冷やすと美味い。
  • エリンギ美味い。触感も〇。

 

 

うーん。

 

初めてにしてはよくできたのか…?

 味は悪くないけど、めっちゃおいしい!ってわけでもない。

具の調理の仕方はまだまだ改善点ありそう。

 

 

 

  

次回予告

次はグリーンカレーの予定です。

慣れない間はオリジナルのスパイス調合はせず、調合済みのスパイスを使って、調理の行程を叩き込むのとバリエーションを増やすのに専念していくつもりです。

 

 

ではでは。